• 印刷する

《日系進出》ライオン、バングラに初の連結子会社設立

ライオンは5月31日、バングラデシュに連結子会社となる合弁会社を設立すると発表した。これまでは関係会社を通じて一部製品を輸出していたが、市場の持続的な成長を見込み本格参入する。同国への連結子会社の設置は初めて。2022年10月からの営業開始を予定する。

バングラデシュで腕時計や文具を販売するカロールとの間に、合弁会社ライオンカロールを設立する。設立は22年9月下旬の予定。出資比率はライオンが75%、カロールが25%。資本金は7,000万バングラデシュタカ(約1億円)。

カロールはグループ会社で日用品ブランドを有しており、国内全土に広がる流通・販売網を備える。同社グループの事業基盤をライオンの持つ製品開発や生産技術の能力と融合することで、事業の拡大を図る。合弁会社は当初、カロールのグループ会社が展開する既存事業の製品を取り扱う予定だ。

ライオンは30年に向けた経営ビジョンで、既存進出国・地域での事業拡大や新たな国・地域への参入を図り、アジアでの存在感を高める方針を示している。


関連国・地域: 日本バングラデシュ
関連業種: 医療・医薬品その他製造小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

小口投資で太陽光発電施設、南部州で設置(14:57)

テイクオフ:インターネットが普及す…(06/30)

ギャンブル課税は見送り 4つの議題でGST改革、財務省(06/30)

白物家電のPLI第2弾、日系含む15社選出(06/30)

ルネサス、半導体の設計・開発でタタと協業(06/30)

TCS、慶応大と「力触覚」技術応用で提携(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン