児童ワクチン接種に希望殺到 衛生当局は冷静対応呼びかけ

台湾で25日に始まった米ファイザーとドイツ・ビオンテックの新型コロナウイルスワクチンの5~11歳向け接種は、希望者が殺到し予約困難な状態が発生した。開始後初の週末となった28~29日、各地の診療所や大型接種会場には保護者らが行列をつくった。一方、台湾衛生福利部(衛生省…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、18日は2万3088人(18:08)

テイクオフ:台湾では暑いため日本に…(08/18)

新南向の収益、初の中国超え 上場企業の1Q投資、今後逆転も(08/18)

新型コロナの域内感染者、17日は2万4669人(08/18)

コロナ域内感染、来週から増加か=指揮官予測(08/18)

ファイザー乳幼児用ワクチン、19日到着へ(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン