サル痘流行地域からの入国者、アプリで監視

マレーシアのカイリー・ジャマルディン保健相は26日、欧米諸国を中心に感染者が拡大している動物由来のウイルス感染症「サル痘」の流入を防ぐため、流行国からの入国者に対し、政府の新型コロナウイルス対策アプリ「マイスジャテラ」を通じた健康状態の監視を行う方針を示した。ス…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビリヤニ(炊き込みご飯…(06/28)

DHL、半導体物流を強化 ペナンなどに倉庫4カ所新設へ(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新規感染2003人、5日連続で2千人台(06/28)

RM1=30.6円、$1=RM4.41(27日)(06/28)

コタキナバルーバンコク便、7月から運航(06/28)

クチン都市交通、中国・イレカ連合が落札(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン