再生エネEA、今年は電動バス2千台納車

再生可能エネルギー発電や電気自動車(EV)開発などを手がけるタイのエナジー・アブソルート(EA)は、2022年の電動バスの納車台数が1,500~2,000台になるとの見通しを示した。リチウムイオン電池工場の増強も予定している。27日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。 EA…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車電機


その他記事

すべての文頭を開く

EVメーカー、コスト増で価格引き上げ検討(19:14)

テイクオフ:タイでは1932年6月…(06/29)

国境貿易、5月も対中低迷 対タイはガス輸出の好調継続(06/29)

食品デリバリー、市況に変化 コロナ後の利用減や燃料費高騰で(06/29)

感染者1761人、死者は2月以降で最少(28日)(06/29)

クオンタム、EV量産へトライアル車が完成(06/29)

グリーンライン延伸区間、近く料金徴収開始(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン