• 印刷する

現代自、水素燃料使用のドローン初公開

韓国の現代自動車グループが、25日に開催した先端航空モビリティーに関する社内イベントで、水素燃料電池とバッテリーを同時に使用するドローン(小型無人機)「プロジェクトN」を公開した。

新機体はバッテリーを基盤とする一般的な都市航空交通システム(UAM)と異なり、水素燃料システムを同時に利用することで長距離航行を可能にする。機体の直径は6メートル、離着陸重量は最大700キログラムで、自社開発の水素燃料システムを搭載する。2月に国内認証を取得し、初の水素燃料電池ドローンとして登録された。

■地域航空モビリティーの拡大も視野

今後について現代自は、世界レベルで地域航空モビリティー(RAM)事業を推進する一方、都市間移動を可能にするRAM分野への拡大も視野に入れているという。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1万人超、死者7人増(16:31)

テイクオフ:嫌韓を解消させる方法、…(06/29)

産学連携の「契約学科」普及 IT大手が主導、人材不足に対応(06/29)

新規感染者9896人、死者5人増(06/29)

電気・ガス料金、7月から同時値上げ(06/29)

AI半導体を育成、5年で1兆ウォン投資(06/29)

LS電線、越住宅大手にバスダクト供給(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン