サル痘に警戒感強まる 空港で監視、入国禁止は慎重

フィリピン政府が動物由来のウイルス感染症「サル痘」に警戒感を強めている。国内での感染はまだ確認されていないものの、空港などで入国者への監視を通じて流入防止に力を入れ始めた。一般の人への感染リスクは低いとされていることから、感染が確認された国からの入国禁止には慎…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1月に新型コロナウイル…(06/28)

複合メトロパシ、酪農に参入 7億円で地場買収、輸入減らす(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新型コロナ、20~26日は新たに4634人感染(06/28)

12~17歳の追加接種見送り、保健省(06/28)

ガソリン価格28日から値上げ、4週連続(06/28)

スペースX、事業開始7月以降にずれ込み(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン