• 印刷する

テイクオフ:在宅勤務中に始まったア…

在宅勤務中に始まったアパートの外壁改装工事。大家さんに以前から工事のことは聞いていたが、よりによって在宅勤務中に始まるとはついていない。想像以上の騒音で仕事どころではなかった。

驚かされたのは騒音だけではない。アパートの周りを囲い、足場を支えるものが鉄筋ではなく竹で組み立てられていた。さらに削られた後の壁を見ると、コンクリートではなくれんがを積み上げたものがむき出しになっている。内側に鉄筋が使用されているとは思うが、歴史的建築物でよく見るれんがが、一般の古いアパートでも使用されていることを知って驚いた。地震の多い台湾だが安全面が心配になってしまった。

やっと工事が終わったと思ったら大家さんからの「工事の残骸は各自で掃除しておいてね」とのライン。ベランダは、削られたれんがの粉で茶色に染まっていた。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、25日は4万293人(06/25)

新型コロナの域内感染者、24日は4万5678人(06/24)

ハイテク産業が自動化強化 専門家は関連需要の継続を予測(06/24)

新型コロナの域内感染者、23日は4万8283人(06/24)

半導体受託の増産計画に遅れか、調査会社指摘(06/24)

南亜科技が新工場着工、年産額700億元超(06/24)

元太董事長、向こう数年の業績を楽観視(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン