• 印刷する

日系自動車5社、電動車普及で共同事業

「EVスマートモビリティー・ジョイントプロジェクト」のロゴ

「EVスマートモビリティー・ジョイントプロジェクト」のロゴ

トヨタ自動車、三菱自動車、日産自動車、三菱ふそう、いすゞ自動車のインドネシア現地法人5社は24日、電動車の普及に向けた共同プロジェクト「EVスマートモビリティー・ジョイントプロジェクト」をバリ島で実施すると発表した。

広く電動車の認知度を高めるほか、エコツーリズムを通じて観光産業の回復を支援する。プロジェクトは、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の関連イベントが開かれる7月に実施する予定。

プロジェクトでは、各社が水素燃料電池車、バッテリー式電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車(HV)など多様な電動車ラインアップをそろえる。このうち乗用車はヌサドゥア地区やングラライ国際空港で使用する。商用車は物流部門で活用するほか、バリの地場企業と協業も視野に入れる。

トヨタ自動車のインドネシア販売会社トヨタ・アストラ・モーター(TAM)の担当者はNNAに対し、電動車にはさまざまな選択肢があることを示し、市民に実際に使用してもらうことで電動車への理解を深めてもらいたいと述べた。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

国軍、食用油産業の統制強化 輸入制限・価格監視も効果見えず(07/04)

テイクオフ:首都ジャカルタから飛行…(07/04)

6月CPI、5年ぶり高水準 前年比4.35%上昇、食料高で(07/04)

ホンダ二輪、新型車「ADV160」を発表(07/04)

二輪の展示販売会IMOS、首都で11月開催(07/04)

石炭価格、2カ月ぶり下落も依然300ドル超(07/04)

サーソル、プライベートジェット合弁設立(07/04)

6月製造業PMI、景況改善圏を維持も減速(07/04)

中国外相がミャンマー入り、東南ア歴訪で(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン