政府がコロナ対策で大なた 車税600億元減、需要180万台増も

中国の李克強首相が主宰する国務院(中央政府)常務会議は23日、新型コロナウイルス流行の影響緩和に向け、複数の大規模な経済政策を実施する方針を決めた。乗用車の購入税を600億元(約1兆1,500億円)減額し、低迷する自動車販売の回復を図る。研究機関によると、今回の減税が最…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車その他製造建設・不動産運輸天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

今年のインフラ投資、特別国債発行で25%増(20:38)

国境貿易、5月も対中低迷 対タイはガス輸出の好調継続(06/29)

テイクオフ:たとえ血の川が流れよう…(06/29)

首都鉄道建設計画、中国企業が調査結果報告(06/29)

集中隔離を7日間に短縮 中央当局発表、健康観察も3日(06/29)

G7サミット閉幕、対ロ圧力強化(06/29)

上期の貨物量が19年同期超え、交通運輸省(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン