• 印刷する

《日系進出》日本電産、平湖にEVモーターの新工場

日本電産は23日、浙江省平湖市に電気自動車(EV)向け駆動モーターシステム「イーアクスル」の旗艦工場を建設すると発表した。年産能力は100万台で、今年10月に着工し、2023年10月の稼働を目指す。世界でモーター需要が急増するとみて、生産体制を強化する。

投資額は非公開。新工場の敷地面積は7万2,800平方メートル。イーアクスルを組み立て生産するほか、グループのインバータやギアなどの関連製品も生産するEV向け専用の一貫工場とする。工場フル稼働時の従業員数は約2,500人を予定する。

新工場はイーアクスルの組立工場として中国4カ所目で、中国最大となる見通し。現在中国に持つイーアクスルの組立工場は平湖市に2カ所、広東省広州市に1カ所。

中国では21年5月にイーアクスルの販売を始め、22年4月末までに累計37万台以上を売り上げた。

日本電産は25年度に駆動モーターの世界での販売台数を360万台、生産能力を700万台とする目標を掲げている。欧州でもイーアクスルの販売・生産を計画している。


関連国・地域: 中国-浙江日本
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

5月FDIは933.5万米ドル 前年実績の1%、日本の案件も(06/28)

テイクオフ:上海市から新たな任地に…(06/28)

中国・タイ通貨での決済拡大を協議、中銀(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

夏季旅行市場が上向きへ 感染収束で、予約が急拡大(06/28)

広東や四川など、上海からの入境規制緩和(06/28)

今年のNEV販売650万台超、証券会社予測(06/28)

ムセ―マンダレー鉄道、環境管理の意見聴取(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン