• 印刷する

テイクオフ:マレーシアでは最近、配…

マレーシアでは最近、配車サービスの料金高騰がソーシャルメディア上で話題になっている。新型コロナ対策の規制緩和に伴い上昇し始め、イスラム教の祭典「ハリラヤ・プアサ(断食明け大祭、今年は5月2~3日)」の連休中に以前の2~3倍となり、今もその状態が続いているという。

当地で暮らしていると最もよく使う移動手段だが、確かに以前に比べると高くなったような気がしていた。特にオフピークの時間帯にピーク時と同じくらいの金額になっていたり、1キロ移動するのに30リンギ(約870円)以上もかかったりして、思わず利用をためらうことがある。

そのため、電車を利用することが増えた。電車では行きづらい場所もあるものの、駅直結のモールなどはむしろ電車の方が早いこともある。ただ、車内は冷房が効き過ぎて寒いので、最近は上着が外出時の必須アイテムになっている。(望)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーグレナと工科大、新規藻類の同定単離成功(12:47)

新規感染1894人、6日ぶり千人台(12:43)

テイクオフ:ビリヤニ(炊き込みご飯…(06/28)

DHL、半導体物流を強化 ペナンなどに倉庫4カ所新設へ(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新規感染2003人、5日連続で2千人台(06/28)

RM1=30.6円、$1=RM4.41(27日)(06/28)

コタキナバルーバンコク便、7月から運航(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン