サル痘、日本で急拡大考えにくい

【共同】欧州や北米などで感染症「サル痘」の患者の発生が23日までに相次ぎ、日本への影響も懸念される。飛沫(ひまつ)感染も起きるが多くは体液や発疹への接触により、人から人への感染はまれとされる。森川茂(もりかわ・しげる)岡山理科大教授(ウイルス学)は「日本で新型コ…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:7月下旬、発熱があり、…(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

ホンダ二輪、「中型」強化へ スクーター専用工場の新建屋活用(08/10)

三菱重工、廃棄物焼却発電事業を完全子会社化(08/10)

太平洋セメント、セブ工場更新へ工事着工(08/10)

河野デジタル、西村経産=きょう内閣改造(08/10)

ホンダ電池シェア会社、南部でサービス開始(08/10)

トヨタ、小型セダン「ヤリスATIV」投入(08/10)

天丼てんや、年内に首都で開業(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン