コロナPCR検査施設、台北松山空港に開設

台湾政府は21日、台北松山空港の駐車場に新型コロナウイルスの大型PCR検査施設を設置した。1日当たり約1,800~2,000人の検査に対応し、必要に応じて薬の処方も行う。中央通信社が伝えた。 検査施設は三軍総医院が運営を担う。時間は毎日午前8時~午後8時で、約2週間の運用…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾でロードバイクに乗…(06/27)

〔アジア人事〕村上開明堂など(06/27)

電気料金改定、きょう協議へ 専門家は4年ぶり引き上げを予測(06/27)

コロナ後も日本旅行に熱視線 JNTO、20~40代初訪日に照準(06/27)

サル痘、台湾で初確認=域外感染(06/27)

新型コロナの域内感染者、26日は3万9586人(06/27)

鴻海、新首都スマートシティー投資に関心(06/27)

検査キット実名制購入、7月1日から第3弾(06/27)

病院や介護施設への訪問制限緩和、指揮中心(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン