• 印刷する

テイクオフ:マスクの着用義務を緩和…

マスクの着用義務を緩和するというジョコ大統領の発言に、まず頭をよぎったのは驚きよりも、買い足したマスクの在庫が無駄にならないだろうかという心配だった。それほどまでに感染者の数は抑制され、かつてほどコロナの話も少なくなった。

一方、マスクを外してもいいのは一定の条件下のみ。無駄にならずに済みそうだが、マスクの箱が空くころには、さらに緩和されているだろうか。

深夜、外に出て周りに人がいないことを確認し、そっとマスクを外す。マスクの着用が常であったためか少しの違和感を覚えながらも、吸い込んだ空気に新たな生活へ向かっての期待に胸が躍る。コロナ禍で出会った人は、顔の半分以上を隠した状態での「初めまして」だった。マスクを外しての出会いは、新たな初対面になる。緊張感と期待が入り交じる、新学期の前日に似た雰囲気だ。(高)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都警察、宗教冒涜でバー従業員6人逮捕(16:29)

〔アジア人事〕村上開明堂など(06/27)

テイクオフ:インドネシアには直訳す…(06/27)

新首都インフラ計画アピール 日系企業に迅速な協力要請(06/27)

新首都ダムを日系企業が訪問、海外勢で初(06/27)

鴻海、新首都スマートシティー投資に関心(06/27)

炭素税の導入を再延期、経済状況を考慮(06/27)

世銀、税制効率化に7.5億ドルを支援(06/27)

韓国との経済連携協定、7月にも批准承認(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン