• 印刷する

荏原製作所、ポンプの外注生産ライン設置

インフラや産業用装置、設備を設計・製造する荏原製作所は20日、インド子会社のエバラ・マシナリー・インディアが地場ポンプメーカーを通じてポンプ部品の外注生産ラインを立ち上げたと発表した。外注による現地生産を実現することで、価格競争の厳しいインド市場においてポンプ事業の拡大を図る。

一部のポンプ部品を現地で外注生産し、欧州などから輸入した部品と合わせてインドでポンプをノックダウン生産する予定。ポンプの年産能力は2,000台となる。

エバラ・マシナリーは2017年の設立で、輸入したポンプの販売・アフターサービスを担ってきた。販売網の構築と並行して自社投資での現地生産を実施するのは費用対効果の面で課題があることから、外注での現地生産の実現に向けて動いてきた。

今後は現地生産する製品の拡充と部品の現地化を進め、インドでの汎用(はんよう)品のポンプの売り上げの拡大を目指していく。


関連国・地域: インド日本
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ヒロシマ・デー」とし…(08/11)

販売「過去最高」も崖っぷちに パキスタン新車、上期は14万台(08/11)

スズキ、「アルト」をフルモデルチェンジ(08/11)

現代自、半導体不足の解消は来年の見通し(08/11)

中国勢のスマホ販売制限、地場企業に恩恵(08/11)

豆類の価格高騰、中銀の通貨切り下げが影響(08/11)

HFCLとクアルコム、5G向け機器で提携(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン