6月からバー・パブなど解禁 2年ぶり、経済正常化へまた一歩

2年以上にわたって静まりかえってきたタイの歓楽街にようやくネオンが灯ることになった。タイ政府は20日、新型コロナウイルス感染症対策として営業を禁止してきたバーやパブ、カラオケ店などについて、首都バンコクなど全国31都県で6月1日から解禁することを決めた。新規感染者…

関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EVメーカー、コスト増で価格引き上げ検討(19:14)

テイクオフ:タイでは1932年6月…(06/29)

国境貿易、5月も対中低迷 対タイはガス輸出の好調継続(06/29)

食品デリバリー、市況に変化 コロナ後の利用減や燃料費高騰で(06/29)

感染者1761人、死者は2月以降で最少(28日)(06/29)

クオンタム、EV量産へトライアル車が完成(06/29)

グリーンライン延伸区間、近く料金徴収開始(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン