海南三亜の崖州湾科技城、ユーロ建て起債

海南省三亜市の産業団地「三亜崖州湾科技城」の事業母体、三亜崖州湾科技城控股集団の全額出資子会社で、インフラ建設などを手掛ける三亜崖州湾科技城開発建設は17日、海南自由貿易港で初となるユーロ建て債券を発行した。海南日報が伝えた。 335日物で発行規模は6,600万ユーロ(…

関連国・地域: 中国-海南
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本原産の白ゴマが高値で取引、マンダレー(21:15)

中国製凍結乾燥ワクチン、海外で臨床試験へ(17:06)

5月FDIは933.5万米ドル 前年実績の1%、日本の案件も(06/28)

テイクオフ:上海市から新たな任地に…(06/28)

中国・タイ通貨での決済拡大を協議、中銀(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

夏季旅行市場が上向きへ 感染収束で、予約が急拡大(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン