レバラン前後の旅客数、西部20空港は410万人

インドネシアの国営空港運営会社アンカサ・プラ(AP)2は13日、西部20カ所の運営空港におけるイスラム教の断食明け大祭(レバラン)前後(4月22日~5月13日)の旅客数が当初目標を20%上回る410万人だったと発表した。このうち首都ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港は…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアから農園労働者第1陣到着(06/24)

韓国との経済連携協定、7月にも批准承認(06/24)

現地証券会社、イスラム法準拠の口座提供(06/24)

炭素税導入、いまだ細則出ず 炭素中立を後押しも財源に課題(06/24)

MRT第2期工事、日本が追加資金援助へ(06/24)

自動車部品2社が業績好調、OEMに活路(06/24)

新首都のインフラ工事は既に開始=大統領(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン