• 印刷する

テイクオフ:「ケセランパサランみた…

「ケセランパサランみたい」。友人が発したその言葉を聞き、一瞬なにかの魔本の呪文かと思ったが、すぐにUMA(未確認生物)のことだと思い出した。その正体は、柳絮(りゅうじょ)と呼ばれる柳の綿毛だ。北京の春の風物詩で、この時期になると一斉に飛散する。

一方の私は、川崎洋の『たんぽぽ』という詩を思い浮かべていた。暖かい日差しの中にふわふわと舞う種子を見ていると、まるでそれぞれが意思を持っているのかと錯覚する。気持ちよさそうだ。

ついに先日、居住区の一部で封鎖管理措置が打ち出された。柳絮のように空を飛んで、省を越え国境さえも越えられたらいいのに。現実は反対に行動範囲が狭まっている。そういえば、ケセランパサランは見ると幸せになれるという。もしもこの綿毛の中に混じっているならば、自宅隔離を強いられている全ての人々のところまで飛んでいけ。(矛)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

5月FDIは933.5万米ドル 前年実績の1%、日本の案件も(06/28)

テイクオフ:上海市から新たな任地に…(06/28)

中国・タイ通貨での決済拡大を協議、中銀(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

夏季旅行市場が上向きへ 感染収束で、予約が急拡大(06/28)

広東や四川など、上海からの入境規制緩和(06/28)

今年のNEV販売650万台超、証券会社予測(06/28)

ムセ―マンダレー鉄道、環境管理の意見聴取(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン