• 印刷する

23年の公休日、春節は5連休

香港政府は13日、2023年の公休日(祝日)を発表した。春節(旧正月)の1月22日は日曜日と重なるため25日(水)に振替休日が設定され、週末の土曜日を合わせると5連休となる。

イースター(復活祭)は4月7日(金)から10日(月)の4連休。4月5日(水)の清明節も祝日のため、6日(木)に休暇を取得すれば6連休となる。

クリスマスは週末を合わせると12月23日(土)から26日(火)の4連休。元日と国慶節は日曜日のため翌日の月曜日に振替休日が設定され、どちらも前日の土曜日を合わせ3連休となる。

このほか5月1日(月)の労働節(メーデー)、5月26日(金)の釈迦(しゃか)誕生日(仏誕)、10月23日(月)の重陽節もそれぞれ前後の週末と合わせて3連休。

一方、7月1日の香港特別行政区設立記念日と9月30日の中秋節翌日は土曜日に当たり、振替休日は設定されない。土曜日が休みの勤労者は休日を「損」する形となる。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

見本市をワクチンパス除外へ 入境4日で参加可に、貿発局交渉(08/19)

新規感染6千人超え、前日から297人増(08/19)

ワクチン2回接種、3歳以上は9割完了(08/19)

空港から療養施設行きバス、深夜も運行開始(08/19)

反落、ハンセン指数は0.8%安=香港株式(08/19)

香港取引所の中間期、地合い悪化で3割減益(08/19)

高級オフィスの供給過剰、賃料に下落圧力(08/19)

啓徳モノレール計画の再開、議員が提言(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン