スズキが1800億円で新工場、25年稼働

インドの乗用車最大手マルチ・スズキは13日、北部ハリヤナ州のソニパットに新工場を建設すると発表した。1,100億ルピー(約1,830億円)超を投じて年産能力25万台の第1工場を整備し、2025年に操業を開始する。インドでは今後も新車販売が伸びるとみており、生産能力の増強を通じ、…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ジェットエアが事業許可取得、9月運航再開へ(01:30)

スズキ、新工場の土地取得 印事業40周年、州政府が式典主催(05/20)

トウモロコシ高値で推移、国際需要高まりで(05/20)

マヒンドラ、VWからのEV部品提供で提携(05/20)

ステランティス、23年にEV発売へ(05/20)

TVS、電動スクーターの新モデル発売(05/20)

ベダンタ半導体事業、工場の設置協議が難航(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン