タタ自、昨年度は増収も4年連続の赤字

インドの自動車大手タタ・モーターズが12日に発表した2021/22年度(21年4月~22年3月)連結決算は、売上高が前年度比11.5%増の2兆7,845億3,620万ルピー(約4兆6,400億円)、純損益は1,144億1,470万ルピーの赤字だった。赤字は4年連続。赤字幅は前年度の1,345億1,390万ルピー…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:7月下旬、発熱があり、…(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

ホンダ二輪、「中型」強化へ スクーター専用工場の新建屋活用(08/10)

ホンダ電池シェア会社、南部でサービス開始(08/10)

タタ自、フォードのサナンド工場を取得(08/10)

米電動商用車メーカー、インド市場に参入(08/10)

外国人技能実習制度、相次ぐ人権侵害「構造的」(08/10)

AP州、EV分野に40億ドルの投資誘致目標(08/10)

新興LCCアカサ航空、運航を開始(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン