• 印刷する

「不要不急の出国制限」、移民管理局

中国国家移民管理局は12日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国民の不要不急の出国を厳しく制限する方針を示した。海外からの帰国者による新型コロナの感染拡大を警戒したものとみられる。

移民管理局が10日に開いた会議で、厳格な出入国対策を実施する方針を確認。「出入国に関連する書類の承認・発行も厳しくする」と表明した。ただこれらの措置の適用時期などについては明らかにしていない。

中国では新型コロナが再流行し、上海では3月下旬からロックダウン(都市封鎖)が続いている。首都北京も、市中心部の市民らに13~15日は自宅に待機するよう指示するなど行動制限が強まっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ国内感染、22日は174人(11:33)

テイクオフ:土曜の昼下がり、広州の…(05/23)

4月のCMP原材料輸入、3.4倍に増加(05/23)

国内感染の縮小傾向継続 単日100人台、無症状も千人割れ(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

外資社員の平均賃金240万円、21年調査(05/23)

4月の自動車販売、9.1%増の6.3万台(05/23)

特定技能滞在6万4千人に、見込みより低調(05/23)

LPR5年物引き下げ、中長期融資促す(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン