MeijiSeikaファルマと東亜ST、日本で治験

Meiji Seikaファルマ(東京都中央区)は11日、韓国製薬会社の東亜STと欧米で共同開発を進める尋常性乾癬(かんせん)治療に使うバイオ後続品(バイオシミラー)について、日本で第1相臨床試験を開始したと発表した。 抗体医薬品「ウステキヌマブ」(遺伝子組み換え…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者15万人弱、死者40人増(10:34)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/08)

テイクオフ:ソウルはこのところ、傘…(08/09)

〔アジア人事〕東海カーボン(08/09)

サムスン電子、初の労使交渉が最終合意(08/09)

新規感染者5.5万人、死者29人増(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ソウル・大邱に業務拠点、サムスン電子(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン