ロシア損失計2657億円、大手商社の決算

【共同】大手商社7社の2022年3月期連結決算が10日出そろい、ロシアのウクライナ侵攻に伴う関連損失が合計で2,657億円に上った。4社が参画する石油・液化天然ガス(LNG)開発のサハリン事業の投資価値引き下げが損失額を押し上げた。一方、純利益は資源高が追い風となって全社…

関連国・地域: 日本ロシア
関連業種: 金融運輸天然資源マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

電子部品の余剰在庫ゼロへ 商社コアスタッフ、委託販売開始(06/24)

フンセン首相、岸防衛相が表敬訪問(06/24)

テイクオフ:山田風太郎のエッセー集…(06/24)

指定施設の隔離、短縮の動き 最短7日、国際線の増便も進む(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

MRT第2期工事、日本が追加資金援助へ(06/24)

HCM1号線、資金底つき給料未払い続く(06/24)

トヨタ現法、35年にCO2排出ゼロ(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン