断食月と大祭の現金引き出し、180兆ルピア

インドネシア中央銀行は9日、消費が活発になるイスラム教の断食月(ラマダン)から断食明け大祭(レバラン)期間に、市中銀行から総額180兆2,000億ルピア(約1兆6,200億円)の現金が引き出されたと発表した。前年同期から16.6%の増加。増加率は新型コロナウイルス禍前の2019年の…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタ郊外で開幕し…(08/15)

存在感増す電動車、投入続く 五菱EV1500台受注、展示会(08/15)

現代自、国内市場向けMPVを正式発表(08/15)

再参入スバル、2モデルを新たに投入(08/15)

トヨタ、GRシリーズ新型2車種を発表(08/15)

三菱自、新型エクスパンダークロスを発表(08/15)

韓国起亜、MPV新型「カレンス」投入(08/15)

奇瑞汽車がSUV10月発売、受注200台目標(08/15)

UDトラックス、ユーロ5展示の4台成約(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン