• 印刷する

新首都インフラ、日本の専門家と情報共有

インドネシアのバスキ公共事業・国民住宅相は4月23日、熊本市で開催された「第4回アジア・太平洋水サミット」に出席し、斉藤鉄夫国土交通相と水分野に関する意見交換を行った。東カリマンタン州に建設する新首都「ヌサンタラ」の基礎インフラ整備について、国際協力機構(JICA)が派遣している専門家などを活用しながら情報共有していくことを確認した。

公共事業・国民住宅省の4月28日付発表によると、バスキ氏は新首都建設の質向上を目的に、日本の専門家の支援を斉藤氏に要請。これに対し、斉藤氏は新首都建設の関連情報を収集するため、専門家を派遣することを検討すると前向きな姿勢を示したという。

会談では、インドネシアのダムの最適化について、現在日本の協力の下で進めているダム再生を引き続き支援していくことで認識を共有した。発表によれば、斉藤氏は、中ジャワ州クドゥンオンボ、西ジャワ州チタルム、東ジャワ州スタミ、南スラウェシ州ビリビリのダム管理改善面での協力関係強化を挙げた。

バスキ氏はさらに、既存ダムの改修や災害・気候変動対策の技術を通じ、水資源分野でのインフラ開発に向けた協力強化を日本側に要請した。

水分野に関する意見交換を行ったバスキ公共事業・国民住宅相(左)と斉藤国土交通相(国土交通省提供)

水分野に関する意見交換を行ったバスキ公共事業・国民住宅相(左)と斉藤国土交通相(国土交通省提供)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マスクの着用義務を緩和…(05/23)

洋菓子の新業態店がハノイに 麦の穂、5年で海外300店目標(05/23)

【この人に聞く】ペットボトル回収業を収益化 新興企業、全方位の循環経済へ(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

パーム油、輸出再開で国内供給義務を再導入(05/23)

特定技能滞在6万4千人に、見込みより低調(05/23)

初の電動バス自動運転実証、JICA事業(05/23)

きょうIPEF発足、半導体など供給網強化(05/23)

新首都の入札規定、国産品や地元資材を優先(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン