投資信託がコロナ下で急成長 ビビット、若年層中心に利用14倍

インドネシアで投資信託アプリの運営を手掛ける「ビビット(Bibit)」は、2019年に設立してから約2年間でサービスの利用者数を14倍に増やした。新型コロナウイルスの感染拡大で、特にミレニアル世代(1981~96年生まれ)の間では旅行などの娯楽費に充てていた支出を、投信な…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都ジャカルタでは、オ…(08/11)

【この人に聞く】オンライン教育、利用者4倍 ゼニウス、ハイブリッド型授業も(08/11)

トヨタ、G20でレクサスEVを143台提供(08/11)

ダイハツ小売り、1~7月は前年比38%増(08/11)

西カリマンタン港に新ターミナルが完成(08/11)

米半導体投資法が成立、対中で競争力強化(08/11)

セルポン―バララジャ高速道、一部無料開放(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン