動画アプリ快手の21年決算、赤字2倍に拡大

動画共有アプリ「快手」などを運営する快手科技(北京市)が29日発表した2021年12月期本決算は、中国の会計基準による調整後純損益が188億5,176万元(約3,600億円)の赤字となった。前年の78億6,381万元の赤字から2.4倍に拡大した。業容の拡大に伴い各種コストが膨らんだ。 営業損…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: IT・通信小売り・卸売りメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

中国向けトウモロコシ輸出、86社が許可申請(08/12)

小米、今年R&Dに170億元投入(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

7月の新車販売3割増 同月の過去最高、政策支援が効果(08/12)

新エネ車の製販台数、23年は730万台に(08/12)

7月の中古車取引1%減、回復傾向継続(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン