• 印刷する

隔離なしのマレーシア入国、15日から可能に

カンボジアとマレーシアは15日から、隔離なしでの入国を相互に認める方針だ。新型コロナウイルスワクチンを接種し、空路で入国することを条件とする。クメール・タイムズ(電子版)が8日に伝えた。

マレーシアのウィー・カーシオン運輸相は5日、カンボジア、タイと協議。相互往来に向けた取り組みの一環として、15日からワクチン接種を条件に隔離なしで両国からの入国を認める「ワクチントラベルレーン(VTL)」を導入すると発表した。指定された航空便を利用する両国からの入国者に、隔離を受けずに旅行することを認める。

在カンボジアのマレーシア大使館によると、当面はプノンペンとクアラルンプール間で1日2便までの運航を認める方針で、需要動向次第で増便の認可も視野に入れているもよう。ウィー氏はカンボジア、タイ両国とのVTLについて、先行しているシンガポールとの方法を踏襲する考えを示している。

マレーシアのイスマイルサブリ・ヤーコブ首相は先月23日、カンボジアを訪問した際にVTLの導入に意欲を示していた。カンボジア観光省の報道官は、マレーシアとのVTLについて、「観光産業の再生につながる朗報」とコメントしている。


関連国・地域: タイカンボジアマレーシア
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

23年最低賃金、8月に3者協議開始へ(06/28)

カンボジアへ電力輸出、30年には6百万kW(06/28)

観光業2.2万人失業、廃業・休止は約1200社(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

地方選の得票確定、人民党が7割強で圧勝(06/28)

財政赤字額、21年はGDPの5.3%に拡大(06/27)

建設認可額、1~5月は60%減の9.5億ドル(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン