今年の建設需要、前年と同水準=当局予測

シンガポールの2022年の建設需要は、契約額ベースで270億~320億Sドル(約2兆2,920億~2兆7,170億円)となる見通しだ。21年の実績(前年比42%増の約300億Sドル)と同水準となる。シンガポール建築建設庁(BCA)が26日に発表した。 公共部門が需要の約6割を占める見込みだ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

決済コーダ、新たなユニコーンに コロナ下のゲーム需要取り込み(22:34)

金融業界、9400人の雇用創出見込み(18:08)

国内卸売販売額、1~3月は上昇鈍化(18:08)

空港第2ターミナル、29日に運用再開(22:35)

道路通行料改定、30日から一部引き上げ(18:08)

配車グラブ、1~3月期は赤字縮小(18:08)

現代自動車、現地産EVを直営販売か(22:35)

不動産センチュリオン、英で学生寮取得(22:36)

新規感染3775人、3日連続減少(21日)(18:08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン