21年の設備投資118億Sドル 3割減も半導体・バイオは好調

シンガポール経済開発庁(EDB)が26日に発表した2021年の企業による固定資産投資(FAI、設備投資に相当)は前年比約3割減の117億9,500万Sドル(約1兆円)だった。新型コロナウイルス禍に伴う経済活動の制限などが影響した。中長期的な予測範囲である80億~100億Sドルは上…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:4月のチャンギ空港の旅…(05/26)

通年成長率は3~5%の前半 政府、予測維持も実質引き下げ(05/26)

食品価格が上昇、家計を圧迫 鶏肉不足解消へ6月から輸出停止(05/26)

1~3月の輸出11%増、見通し上方修正(05/26)

外国航空会社3社、6月からヤンゴン便再開(05/26)

地場生保、遠隔診断でシンガポール社と提携(05/26)

設備投資表明額、1~3月は前年比2割減(05/26)

IMF、シンガポール経済をおおむね評価(05/26)

アンダーワークス、現地社を買収(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン