サイバー対策、経営責任に

【共同】政府は通信や電力、鉄道など重要インフラ事業者のサイバーセキュリティー対策に関し、経営陣の責任を明確化する方向で検討に入った。情報漏えいなどによる損害の発生で会社法上の賠償責任を問われる可能性があると示し、事業者の防護体制強化を促す狙い。今春に5年ぶりと…

関連国・地域: 日本
関連業種: IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本企、ロシア回避で豪産石炭の調達拡大へ(19:52)

【アジアエクスプレス】デニム輸出が拡大 パキスタンの躍進(19:22)

【アジア本NOW】『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(19:22)

移行期FDI件数首位は中国 2011年水準に、中銀規制ネックか(05/18)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第8回) スマホが変えるアジアの都市(05/18)

〔アジア人事〕プレナスなど(05/18)

HCMメトロ3a号線、日本の技術導入提案(05/18)

豪人、6月にも日本観光可能に 3回接種が条件=国交省(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン