• 印刷する

テイクオフ:青瓦台(大統領府)は2…

青瓦台(大統領府)は24日、今月末に予定していた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の新年の記者会見を開かないと発表した。

文氏は毎年1月に国内外の記者を青瓦台に招いて記者会見を開いてきた。文氏が質疑応答に応じるのは年間通じてこの時だけで、国民にとっても記者にとっても重要なイベントだ。「新型コロナウイルスの新変異株・オミクロン株への対応に徹するため」との理由だが、「普段からマスコミと接するのを避けているのに、意思疎通が足りないと批判されても仕方がない」(聯合ニュース)との見方も出ている。

弾劾された朴槿恵(パク・クネ)前大統領は、記者会見をほとんど開かないことから「不通の大統領」とも呼ばれた。文氏は野党代表だった当時にこれを批判していたが、彼女と同じように「不通」の烙印(らくいん)を押されてしまうかもしれない。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の中小企業や自営業…(05/25)

サムスンが45兆円投資 財閥3社も、新政権にアピール(05/25)

米大統領、ミャンマー民主化への回帰強調(05/25)

新規感染者2.6万人、死者19人増(05/25)

サムスンが45兆円投資へ、「半導体超大国」主導(05/25)

キヤノンコリアがビジネスプリンター発売(05/25)

シャープが特損117億円、LGに賠償の仲裁判断(05/25)

ハンファシステム、伊防衛企業と協力(05/25)

5月の消費者心理指数、1.2ポイント下落(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン