• 印刷する

テイクオフ:「最近、インド人口は1…

「最近、インド人口は14億人に達しました」――。昨年11月、インド政府の政策に関するセミナーを聴講中、主催者の言葉が妙に印象に残った。ここ数年、「13億人」と思い続けてきたが、取材を進めてみると、インド人口研究所推計が政府推計に先駆けて14億人を超えていた。

インド経済のポテンシャルは自明だが、年またぎの取材で得た「全体人口だけを尺度にしては見誤る」との指摘は心に刺さった。米中貿易摩擦などを契機に、日系企業のチャイナプラスワンは加速し、インドは今まで以上に注目を集めている。ただ、生活水準や言語、文化など、地域ごとに特性があり、市場攻略は簡単ではない。

「調達先は複数社に」「相手の文化を尊重しつつ、とことん話す」。多くの日系企業が成功するためには、先人から後人への教訓の伝達が大切だ。ありきたりだが、そんなことを再認識した年末年始だった。(鈴)


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:3月のインド着任後、北…(05/25)

「ボリュームゾーンで戦おう」 ビームサントリーの挑戦(中)(05/25)

豪州新首相、クアッドに参加 インド太平洋への関与に意欲(05/25)

自動車各社、鉄鋼価格低下でコスト圧力軽減(05/25)

マルチスズキ、地場IT企業に出資(05/25)

LML、工場整備など35億ルピーの投資計画(05/25)

首都のEV充電施設、7月に100カ所稼働(05/25)

米投資会社、印と東南アに20億ドル投資計画(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン