• 印刷する

テイクオフ:出入国がこんなにも厄介…

出入国がこんなにも厄介な世の中になるとは想像もしなかった。新型コロナによる入国規制が重たい扉となっただけでなく、各国が独自の規制を敷いていることも原因だ。ましてや、日本人がマレーシアとインドの間の往復を試みるとなると――。

これから出国を予定するインドでは、航空機への搭乗前72時間以内のPCR検査による陰性証明が求められる。一方、渡航先のマレーシアでは感染歴がある場合、入国2日前以内の専門家による迅速抗原検査での陰性確認でよくなった。

必要な検査の手法が違う上、受検期間には1日間の隔たりがある。この間に検査を受けた場合、マレーシア側の条件を満たすことにはならない。証明書もマレーシアではソフトコピーでよいが、インドでは原本の提示が求められる。あまりにややこしく、渡航の準備に当たっては采配ミスの連続。不器用な自分を発見する日々だ。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアでは最近、配…(05/25)

伊藤忠、脱炭素の取組み強化 国営石油とブルーアンモニア製造(05/25)

グラブ金融部門、新ブランド立ち上げ(05/25)

新規感染1544人、2日連続で千人台(05/25)

マレー系、トタルから太陽光発電事業を受注(05/25)

大和PI、保険テック企業に出資(05/25)

RM1=29.0円、$1=RM4.39(24日)(05/25)

ヤンゴンのパーム油価格、8.7%引き下げ(05/25)

4月乗用車販売、首位プロドゥアが2.6万台(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン