• 印刷する

市中でクラスター多発なら第3級に、指揮官

台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心の陳時中指揮官は22日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が市中の多くの場所で確認された場合、コロナ警戒レベル(第1級が最も緩く、第4級が最も厳格)を現行の第2級から第3級に引き上げざるを得ないとの考えを示した。中央通信社が伝えた。

22日は昼の時点で82人の域内感染者が発表されたが、陳氏は「感染経路は依然として追跡できている」と強調。春節(旧正月、2月1日)の連休を控え、現時点で人の移動を制限する考えはないと説明した。ただ、飲食店では名前や電話番号の登録などを求める「実聯制」を全面的に強制し、違反した場合は店内での飲食を禁止するとした。

台湾行政院(内閣)の蘇貞昌院長(首相)は20日、域内の感染状況は依然としてコントロールの範囲内にあるとして、現時点でコロナ警戒レベルを第3級に引き上げる計画はないと説明していた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

新型コロナの域内感染者、28日は8万835人(15:35)

新型コロナの域内感染者、27日は9万4808人(15:33)

感染拡大で追加経済対策 346億元、「共存」で規模縮小(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

新型コロナの域内感染者、26日は8万1852人(05/27)

台北の小中高校、6月2日までオンライン授業(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン