• 印刷する

首相と越外相が会談、両国関係強化で合意

カンボジアのフン・セン首相は20日、首都プノンペンの首相府でベトナムのブイ・タイン・ソン外相と会談した。鉄道敷設計画などを通じた経済関係の強化や国境画定問題などについて協議したもようだ。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

フン・セン首相は同外相との会談で、両国間の貿易額が2021年に目標の100億米ドル(約1兆1,390億円)近くまで拡大したことに言及。22年に貿易目標を達成するとともに、両国間の経済交流を活発化させるための鉄道敷設計画などを具体化する必要性があると指摘した。

また、懸案となっている両国国境の画定に関して、両氏は引き続き交渉を継続することで合意した。ベトナム外務省によると、両国は19年までに、国境全体の84%に相当する約1,045キロメートルで画定作業を完了している。

両氏はミャンマーの政情にも言及。ブイ・タイン・ソン外相はフン・セン首相のミャンマー訪問を歓迎し、東南アジア諸国連合(ASEAN)で取り組むべき課題との見解を表明した。一方でフン・セン首相は同外相の意見に同意しながらも、「ASEANでは、ミャンマー問題の他にも解決すべき課題は多い」との認識を示した。

ブイ・タイン・ソン外相は、19~20日のカンボジア訪問中にサイ・チュム上院議長やヘン・サムリン下院議長とも会談したもよう。同外相は、今年がカンボジアとの国交関係樹立55周年に当たることから、今回の訪問を通じ、さらに両国の友好関係を深化させていきたいとコメントした。


関連国・地域: ベトナムカンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

1~4月の税収3割増、年度目標半分超え(05/27)

銀行部門への外国投資、5年で40億ドル超(05/27)

プノンペン経済特区、1~3月は赤字縮小(05/27)

アクシアタ1Q決算、スリランカ危機で赤字(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン