【識者の見方】暗号資産の広告規制 政府思惑や市場への影響

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)は、暗号資産(仮想通貨)に関する規制を1月半ばに強化した。一般消費者向けの広告、マーケティング行為を禁止し、手軽に仮想通貨を売買できる現金自動預払機(ATM)の設置も禁じた。サービス停止に追い込まれる事業者も出る…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

通信シングテル、4期ぶり増益 新CEOの下で純利益3.5倍に(05/28)

ジェトロが企業庁と提携、新興企業を支援(18:11)

JTC、スタートアップと大企業の交流支援(18:11)

サービス業売上高、4四半期連続で2桁上昇(18:11)

航空業界従事者、年内にコロナ前の9割へ(18:11)

シンガポール航空、客室乗務員2千人採用へ(18:11)

新興カーシェア、現代自の新型EV導入へ(18:11)

パナ、宅配ロッカー500カ所の設置完了(18:27)

小売り・不動産メトロ、通期は36%減益(18:12)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン