ハムスター感染で波紋 2千匹を殺処分、撤回求める声も

香港で18日にハムスターの新型コロナウイルスへの感染が確認され、小動物2,000匹の殺処分が決まったことで、波紋が広がっている。一連の措置の発端は、ペットショップで働く女性の変異株「デルタ株」への感染発覚。感染経路は不明で、店で販売する輸入ハムスターから陽性反応が出た…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アイドル文化が盛んな香…(05/26)

香港人の働き方意識に変化 給与より「生活との調和」(05/26)

新たに251人感染、前日から横ばい(05/26)

反発、ハンセン指数は0.3%高=香港株式(05/26)

クラファン規制、年内に意見公募(05/26)

香港に大幅利上げの圧力なし、シティ(05/26)

飲食・娯楽対象の補助金、49億ドル支給済み(05/26)

トラム運賃、15%の値上げを申請(05/26)

NXHD、中国各地で陸運停滞の回避ルート(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン