米系企業がゼロコロナに不満 渡航制限で、政府の外資政策にも

香港に拠点を置く米系企業でつくる香港米国商工会議所(アムチャム・ホンコン)が19日発表した景況感調査によると、「事業面の試練」として最も多くの回答者が挙げたのは「国際渡航規制」で、全体の60%に達した。香港政府の「ゼロコロナ」政策に対する強い不満が改めて示された形…

関連国・地域: 香港米国
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

感染リバウンド見られず 7月に全面緩和を、専門家が提唱(05/23)

週末3日で708人感染、単日250人以下で推移(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

18~59歳の4回目接種、21日開始(05/23)

中国国務院、李氏を次期行政長官に任命(05/23)

反発、ハンセン指数は3%高=香港株式(05/23)

政府系金融HKMC、21年通期は黒字転換(05/23)

4月の破産申し立て、約2年ぶり高水準(05/23)

本土の客船、香港発着ツアーを7月就航か(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン