貨物便乗員の隔離強化、飲食店にも影響

香港では航空会社の乗員に対する隔離措置の厳格化を受け、飲食店などにも影響が出始めている。乗員の隔離期間が従来の3日間から7日間に延びた影響で航空貨物輸送が打撃を受け、運賃が高騰しているためだ。日本産食品などは品薄感も強まっており、各社が対応を迫られている。18日…

関連国・地域: 香港
関連業種: 食品・飲料運輸サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

指定検疫ホテル2.3万室に 2カ月で3.8倍、入境者増に対応(05/27)

新たに251人感染、前日から横ばい(05/27)

ドンキ「鮮選寿司」、小西湾に3号店(05/27)

キャセイ乗組員、アプリに全活動の記録義務(05/27)

訪日観光6月10日解禁、ツアー客から(05/27)

MTRC、鉄道と不動産に1千億ドル投資(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン