• 印刷する

シンガポール航空、12月の旅客急増

シンガポール航空グループの2021年12月の輸送実績は、本体と格安航空子会社スクートを合わせた旅客数が59万6,300人となり、前月から倍増した。新型コロナウイルスのワクチン接種者の入国を待機措置なしで認める「ワクチントラベルレーン(VTL)」制度の導入で復調している。

旅客数は前年同月比では約8倍。コロナ禍が深刻化する直前の20年1月の45%の水準まで持ち直した。搭乗率は46.5%で、前年同月から32.8ポイント上昇した。

シンガポールでは21年9月にワクチントラベルレーンが導入された。12月はバンコクなど8都市が新たに対象となったことで、旅客数が急増した。

ただ新型コロナの新変異株「オミクロン株」の感染拡大の影響で、12月23日~22年1月20日の対象便の航空券は新規販売が停止されている。21日以降も座席数は半減しているため、今後の見通しは不鮮明だ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オフィス勤務が本格的に…(05/25)

〔アジア人事〕日本軽金属など(05/25)

高級リゾートホテルで存在感 建築設計ブリンク、創設者に聞く(05/25)

グラブ金融部門、新ブランド立ち上げ(05/25)

大和PI、保険テック企業に出資(05/25)

陸運大手コンフォート、教習所でEV導入(05/25)

製品のサイバー対策評価施設、南洋大で始動(05/25)

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券(05/25)

人材開発省、給与関連の偽メールで警告(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン