外国投資3割減、10~12月 2四半期連続で水面浮上ならず

ミャンマーの海外直接投資(FDI)が引き続き振るわない。当局がこのほど発表した2021年10~12月の認可額は前年同期を3割近く下回り、2四半期連続で水面浮上できなかった。主力の製造業が大幅マイナスで、海外企業がミャンマーへの資金投入に二の足を踏んでいる姿があらためて…

関連国・地域: 中国ミャンマー日本
関連業種: その他製造天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

登校再開の機運、葛藤胸に 教育の遅れに募る危機感(05/25)

新モン州党、和平交渉で国軍支持の姿勢(05/25)

米大統領、ミャンマー民主化への回帰強調(05/25)

ヤンゴンのパーム油価格、8.7%引き下げ(05/25)

油料作物の栽培面積拡大へ、ザガイン管区(05/25)

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券(05/25)

メルギーでコメの最低買い入れ価格設定(05/25)

天然ゴム価格上昇、1ポンド1300チャット(05/25)

保健省など、医学部卒業生1千人以上採用(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン