• 印刷する

コロナ検疫期間、短縮を検討=陳指揮官

台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心の陳時中指揮官は17日、新型コロナウイルス感染症の潜伏期間が短くなる傾向にあるとして、将来的に隔離対象者の検疫期間を短縮する方向で検討すると明らかにした。中央通信社が伝えた。

今後専門家と協議し、海外の状況を考慮した上で検討する。現在の台湾入境後の検疫期間は14日間。

陳指揮官は「変異株のオミクロン株の感染力は強く、対策を準備する必要がある」と指摘。ただ、社会との接触を一切断つのではなく、リスクを抑え正常な社会を保っていく必要があると述べた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:緑の多い場所で休憩して…(05/25)

米大統領の「防衛」発言詳報 台湾主要紙、識者の分析など紹介(05/25)

新型コロナの域内感染者、24日は8万2363人(05/25)

アボット製抗原キット、購入制限を取り消し(05/25)

6歳未満のモデルナ接種、7月以降開始か(05/25)

台北の蔡副市長、抗原検査で陽性(05/25)

聯発科技、今年売上高は2割増を予想(05/25)

UMC、シンガポール新工場の土地使用権取得(05/25)

友達、群創との合併に「開放的な姿勢維持」(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン