HCM市工業団地への投資、昨年は30件中止

ベトナム・ホーチミン市の工業団地を運営・管理する同市輸出加工区・工業団地管理委員会(HEPZA)によると、新型コロナウイルスの感染が広がった2021年は、計30件の投資計画が中止された。投資額は前年比20.95%減の約6億79万米ドル(約686億円)だった。サイゴンタイムズが…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

イオン、モール展開を加速 中部は24年度、南北で用地確保へ(05/25)

成長目標達成へインフレ圧力が障害、副首相(05/25)

燃油価格高騰、環境税の追加引き下げ提案(05/25)

社債市場、不動産中心に低調予想=地場証券(05/25)

ビン、国際市場での社債発行10億ドルに縮小(05/25)

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券(05/25)

SEAバンク、バーゼル3導入で能力向上(05/25)

米投資会社、印と東南アに20億ドル投資計画(05/25)

1~4月の港湾貨物取扱量は2%増、海事局(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン