• 印刷する

ベトジェット、ホーチミン―バンコク線再開

ベトジェット航空は、今月21日にホーチミン市―バンコク線の運航を再開する予定だ(同社提供)

ベトジェット航空は、今月21日にホーチミン市―バンコク線の運航を再開する予定だ(同社提供)

ベトナムの格安航空会社(LCC)ベトジェット航空は17日、同国南部ホーチミン市とタイの首都バンコクを結ぶ直行便の運航を今月21日に再開すると発表した。

毎週金曜日と土曜日に2往復運航する。ホーチミン市ではタンソンニャット国際空港、バンコクではスワンナプーム国際空港を利用する。

ベトジェット航空のグエン・タイン・ソン副社長は声明で「春節(旧正月、今年は2月1日が元日)や乾期に拡大すると見込まれる旅行需要に応えるとともに、ホーチミン市―バンコク線の運航再開は、両国の経済回復に寄与するだろう」と期待を示した。

同社は、子会社タイ・ベトジェットエアを通じて、タイで事業を展開。国際線のほか、バンコクや北部チェンマイ県、チェンライ県、南部プーケット県、スラタニ県、東北部ウドンタニ県、コンケン県などを結ぶ国内線を運航している。


関連国・地域: タイベトナム
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコク知事選中は至る…(05/26)

民際センター、学校支援強化 危機下で問われる教育権の保護(05/26)

地場AIFとタイ企業、暗号資産事業を始動(05/26)

農産物・食品、輸出拡大続く 欧州危機でコメに小麦の代替需要(05/26)

感染者5013人、死者は33人(25日)(05/26)

外国航空会社3社、6月からヤンゴン便再開(05/26)

スターク、ドイツの車ケーブルメーカー買収(05/26)

日野自動車、タイ進出60年の式典を実施(05/26)

スワンナプーム空港周辺開発、7月に入札へ(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン