優遇措置適用へ、再エネ事業者を特定

フィリピンのエネルギー省は、優遇措置の適用対象となる再生可能エネルギー事業者を特定した。147社が対象で、総発電容量は261万9,000キロワットに上る。17日付ビジネスワールドなどが伝えた。 半数近い62社が太陽光発電事業者で、総発電容量は131万3,000キロワットに上る。水力発…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マスク着用の義務はいつ…(05/26)

サル痘に警戒感強まる 空港で監視、入国禁止は慎重(05/26)

マルコス氏勝利を正式宣言、大統領選(05/26)

報道長官に弁護士就任へ、次期政権(05/26)

〔ミ島通信〕鉄道事業、現政権で着工困難(05/26)

財政委、コンバージなど4社に税優遇(05/26)

発電ACEN、豪で蓄電池施設を起工(05/26)

インフラ事業、次期政権に見直し求める声(05/26)

インフラ支出、1~3月は2.6%減(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン