• 印刷する

豪人の平均寿命、コロナ禍で0.7年延長

新型コロナウイルスの感染流行が始まった2020年に、オーストラリア人の平均寿命が男女共に前年比で0.7年延びたことが、オーストラリア国立大学(ANU)の調査で明らかになった。新型コロナ関連規制の影響で人の動きが抑制され、インフルエンザや肺炎といった感染性疾患による死亡が20%減少したという。17日付地元各紙が報じた。

ANUが世界29カ国・地域(日本と香港を除く)の平均寿命を調査したところ、オーストラリアは最大の伸びを記録。2位はデンマークとノルウェーで、両国とも女性が0.1年、男性で0.2年延びた。一方、米国では女性の平均寿命が2.2年、男性は1.7年縮小した。

ANUの人口統計学のカヌダスロモ教授はオーストラリアの状況について、「国境封鎖によって(オーストラリア大陸を)世界から切り離すことができたほか、ワクチン接種率も高く、世界で最も安全な国の1つだ」と指摘。また、感染性疾患による死亡だけでなく、がんや脳卒中、心臓発作による死亡が減ったことについて、「おそらく、インフルエンザのような感染症が減ったことで、別の疾患にもプラスの影響が働いたのではないか」との見方を示した。

20年のオーストラリア人女性の平均寿命は85.8歳、男性は81.8歳だった。15年から19年にかけて平均寿命の年間の伸び幅は0.09~0.14年となっており、0.7年もの伸びを示したのは1990年代以降で初めてとなる。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

テイクオフ:住んでいる地区のSNS…(05/27)

豪EV販売、200%超増加 テスラ「モデル3」がダントツ(05/27)

民間設備投資、1Qは0.3%減も今後は良好(05/27)

〔政治スポットライト〕豪財政悪化へ、前政権が圧迫要因開示せず?(05/27)

〔政治スポットライト〕豪財相、多国籍企の税逃れ取締り強化に意欲(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン