• 印刷する

アヤラ系企業、複合発電所建設へ合弁契約

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーション傘下のエネルギー会社ACEエネクサーは14日、天然ガスと水素を燃料とするコンバインドサイクル発電所(出力110万キロワット)の建設に関し、同社と米系企業など5社による合弁契約を交わしたと発表した。

ACEエネクサーのほか、◇同社の関連企業ブエンディア・クリスティアナ・ホールディングス(BCHC)◇米投資ファンドのブラックストーン傘下のジェン・エックス・エナジー◇ジェン・エックス傘下のレッド・ホールディングス◇ACEエネクサーとジェン・エックスの合弁会社バタンガス・クリーン・エナジー(BCE)──が参加する。事業はBCEを通じて実施する。

発電所は、天然ガスに加え、製造時に二酸化炭素(CO2)を出さない「グリーン水素」を使って安定的に電力を供給し、国内の電力需要増大に応じる計画だ。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(05/25)

政府、成長率見通し引き下げ 22年7.0~8.0%、米利上げを警戒(05/25)

大統領、次期政権は「原発活用を」(05/25)

ビコール地域、最低賃金1日55ペソ上げ(05/25)

オミクロン派生型、外出制限の厳格化不要(05/25)

外国商議所、RCEP早期批准を要請(05/25)

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券(05/25)

IT機器販売アプソン、上場を申請(05/25)

ジョリビー会長ら、投資サービス立ち上げ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン